作成アプリ

Web系の言語への復帰記念に個人用のサイトを作ってみた

 

こんにちは、

プログラミングのレベルが少しは上達してきた気がするてふてふです。

 

今までずっとiPhone用のアプリを作ってきたんだけど、

1年ほど前に少し触っていたWeb系の言語をまた勉強し始めたから、その記念に個人用の小さいサイトを作ったよ!

PCとスマホのどっちでも、どの画面サイズでも見やすいようにデザインしているよ。

今回作ったサイトはこちら

てふまる
てふまる
サイトとは言っても1ページだけのとてもシンプルなものなんだけど、オリジナルの物を1から自分で作ることに意味があるから作ってみたって感じ!

 

今回、 HTMLCSS (+ Bootstrap) の2つのプログラミング言語でサイトを作ったよ。

※ 正確にはこの2つはプログラミング言語ではないけれど。

 

Web系の言語にある程度携わっている人はわかると思うんだけれど、

バックエンドの言語も使っていないし、Javascriptすら使っていない、めちゃめちゃ基礎レベルだけで出来上がっているサイトです。

中の人
中の人
どれくらい基礎かっていうと、たぶんWeb言語を1年触っている独学の方でも別のことを5つくらい考えながらサクッと完成させちゃうくらいには基礎です、笑
てふまる
てふまる
それでもほぼ1年ぶりにちょっと触っていただけのWeb言語に復帰したから色々調べながら完成まで2日かかっちゃった。

 

Web言語の必要性を感じた2020年末

今までiPhoneアプリを作っていたのに急にWeb言語を学び出してどうしたの???

っていうような疑問があるかと思うので、自分なりにちょっと語ってみたいと思います!

Web言語できるとやっぱり便利

ここ1年、Web言語ができればなぁ、、、 て思うことが多かった。

 

「アプリとGoogle(Web)のどっちかしか使わない!!」っていう人はいないと思う。

ていうことはお互いそれぞれのメリットがあって、皆両方使ってるんだ。

っていう当たり前のことに気がついた。

てふまる
てふまる
当然、「こういう時にWeb言語ができればなぁ」って思うことがあれば「モバイル言語ができればなぁ」って思うことも絶対皆ある

 

僕自身どういうプログラマーになりたいか、っていうよりも「なんでプログラマーを目指したか」ていうと、

自分のアイデアを形にできる力が欲しかったから。

 

それはWebとかモバイルアプリとかは関係なくて、

両方必要なら両方マスターしたい!!

てふまる
てふまる
そういう思いでまたWeb言語の勉強を再開したっていう経緯でした!
中の人
中の人
これからはモバイル言語とWeb言語の両方を鍛えていくつもり! 

 

Web言語を1度離れた過去

最初の方にチラッと書いたんだけど、僕は1度Web言語を学んで大したレベルじゃないまま離れています。

 

この時がプログラミングデビューだったこともあって、超基礎から学ぶすべてが初めての概念で、途中で頭がパンクしちゃったっていうのが1つの理由。

もう一つは、

モバイル言語は比較的感覚とコードが似ていて理解しやすく書きやすい一方で、Web言語はプログラミング未経験者がイメージしている「プログラミング!」っていう感じで慣れるまでの壁が比較的高い感じ。

それで書きやすい(ってどこかのサイトで見た)モバイル言語に引っ越ししたっていうのが2つめの理由。

てふまる
てふまる
実際モバイル言語は何十倍も書きやすかったし、Web言語やりながら「こんなことSwiftUIなら1,2行で簡単にかけるのに、、、」 って思ったりすることもたくさんある。

 

でも、9ヶ月モバイル言語(Swift, SwiftUI)をほぼ毎日ひたすら書きまくっていたせいか、

Web言語への拒絶反応がまったくなくなってた。

 

本気でやるならこれから先、『Javascript』『バックエンド言語』『データベース』とかもっと難しい言語をたくさん身につけていかないとだけど、

Swiftを始めてからプログラミングで生きていくんだ!っていう覚悟も染み付いたから、自分ならやり切れるってわかる。

 

 

今このページを見てくれている独学プログラマーの方、一緒に頑張りましょう!

 

今回はここまでっ。