お金や生き方のお話

その高校・大学 行く意味ありますか?

こんにちは、てふまる(@tefumaru115)です!

 

読者の方の中に『なんで学校に行くことが常識のようになっているんだろう?』って疑問に思ったことがある人はいますか??

 

受験勉強を頑張って大阪大学に入学した自分だからこそ言えることだけど、僕は子供ができたら『行きたい理由がないなら高校にも大学にもいかなくてもいいよ』って伝えるつもりです。

だって学校に行かないと人生が不利になるなんてことにはならないから。

 

大阪大学の学生時代(一応今も現役だよ!)

一流大学に入って感じた現実

僕は一応2019年現在、大阪大学の学生なのですが勉強する意味がわからなくなり1年前から休学しています。

『高学歴』が良いとされ意味もわからず受験勉強をし、名門大学に入ったら何かが変わるものだと思ってました。

でも何も変わらなかった。

周りも自分もほんとに何も変わらなかった。

勉強は高校時代と変わらず、教授が本気で教える気もなければ生徒も真面目に学ぶ気もない。

楽な授業を探し、担当教授の過去問(多くの教授は基本的に研究以外はやる気がないので毎年ほぼ同じ問題)を必死に探して、将来なんの役に立つのかは知らないけどとりあえず単位を取る。

気づけば自分もその中の1人になっていた。

てふまる
てふまる
僕も当時は夢がなくて消去法で興味のない学部に入ったから余計意味を感じられなかったのもあるね。

 

偏差値40台の大学に行ってる知り合いがプログラミングをしているのを見て、自分が勝てている要素が1つも思い浮かばなかった。

そんな時に不意に思った。

旧帝大を含む、世間で言う名門大学に入ってもなんの意味もないのではないか。

そもそも高校・大学での勉強自体に意味はあるのだろうか。

 

事実、高学歴でも年収が飛び抜けて高いわけではない。

東大卒業生の平均年収は729万円。お世辞にもお金持ちではないよね。

僕がいる大阪大学は599万円。悲しい。

(日本の男性平均年収は531万円)

参照 https://venture-finance.jp/archives/5868

 

お金っていうのは資本主義社会においてその人の価値を表しているわけだから、東大などの名門大学に入っても周りと比べてほとんど成長してないって言えるよね。

『大学には行っておけ』『行くなら絶対に名門大学』こんな言葉を幾度となく耳にして生きてきたけど、口にしていた大人達は人生が成功していない人ばかりだった気がする。

 

高校での勉強

僕も学生時代はよくテストの点数が悪いと劣等感を覚え、母親からもまるで犯罪者かのように怒られた。

当時は怒られて当然だな~って思っていたけれど、テストの点数が良くないのは悪いことなのだろうか??

 

誰かに迷惑をかけたわけでもない。

テストの点数がいい人が将来幸せな人生を送っているわけでもない。

なんなら好きなことをして楽しく生きているわけでもない。

大政奉還が行われた年号や、文中の作者の気持ち、ある状況における物体の加速度が今後の人生で自分を助けてくれるのだろうか?

学校の勉強に意味はないのではないか??

 

てふまる
てふまる
今思うと、生まれてから大学までにしてきた勉強は『数学』以外本当に全部無駄だったなあって思う。

”ひとつですべてを満たす”万能の解決策は結果的に何ひとつ満たさないのだ。

参照:『ジョブ理論 (著:クレイトン・クリステンセン)』

 

大学での勉強

男性
男性
でも大学は皆が興味のある勉強をしてるよ??

って感じる人もいると思う。

でも実際に大学に行って思ったのは、その学部に興味のある学生なんか1割いたらいい方。

てふまる
てふまる
僕は大学内でもしっかり勉強する方のグループにいることが多かったんだけど、やりたいことがあって大学に来てる子は1人だけだった。(20人くらいのうち)

 

とにかく、意識の低さが目立つ印象だった。

 

てふまる
てふまる
もちろんだけど、夢のために大学に来ていた子はすごく頑張ってたし、意味のある学生生活を送っていると思う!!
中の人
中の人
ただ、特に深い理由がなく大学に来ても得られる物は何もないと思うよ。

 

そもそも勉強する意味って何?

僕は大学で違和感を感じて以来、大学を休学して自分のためになる勉強をずっとしている。

当時、勉強をする意味がわからなくなった僕は1回自分の夢と理想について考えてみた。

 

はっきりとした『弁護士』『消防士』『教師』のような明確な目標ではないけれど、

1.そのときどきでやりたい仕事をして人を幸せにすること。

2.仕事で自分の理想を貫くために、人の下にはつかずに働くこと。

3.年収1億円以上でお金を気にせず、旅行などしたいことを全部すること。

4.遊んだり旅行のために人の2~3倍休みを取りながら働くこと。

5.仲間や家族が困ったときに助けれるような力をつけること。(お金も含む)

どれだけ困難でも、どうしてもこの5つの夢を叶えたい!

そのためには何が必要だろう?って考えて、足りない部分を勉強してるよ。

 

もちろん人によって夢の大きさや必要な知識やスキルは違ってくるから、他人を意識する必要はないよ。

でも、夢を叶えれない勉強なんかする意味がないと思う。(関係ないと思っていた分野の勉強が役に立つこともあるから念のため。)

 

勉強は自分の夢や理想を叶えるためのもの。

 

1回立ち止まって自分の人生の夢や理想を思い描いてほしい。

もちろんそれが実現するかどうかはわからない。

でも理想のための努力をすればきっと今よりいい人生が待ってると信じている。

 

『天才』も『才能』も自分の努力で作れるのだから。

天才は自分で作るもの こんにちは、てふまる(@tefumaru115)です! 僕は大学を休学してから1年間色んなことを勉強してきました。...

 

おまけ

よく『頑張っても必ず夢が叶うわけではない』『成功者は失敗してないから言えるだけ』なんていう言葉を発する人がいる。

確かにスポーツ選手は体付きや生まれつきの骨格・筋肉等でのハンデがあまりにも大きいし、橋本環奈や真剣佑の顔になりたいって思ってもなかなか難しい。

でも、夢の9割は多分実現可能なんじゃないかなって思う。

僕の夢くらいなら誰でも全然叶えれる。たぶん。

てふまる
てふまる
絶対叶えるから見てて!!

 

根拠は2つあるんだけど、

1つは、国民のほとんどが以前の僕のような意味のない勉強をひたすらしてるから。

成長しているようで何も変わらない。

負ける要素がないよね。

 

2つめは、皆チャレンジする前からできない言い訳をして逃げちゃうから。

皆本当に口癖が『〇〇は天才だから』『自分には無理やあ』って、目指すことすらしない。

競争相手が基本的にすごく少ない。

 

起業を例にあげたときに、起業は1年以内に6割が倒産、10年後には5%しか残らないって言われている。

もちろんめちゃめちゃ厳しい世界であることには変わりない。

でも起業した中に『本気でやってる人』『最低限の勉強はした人』『お金に無頓着じゃない人』は結構少ない。

起業する前から100%無理ってわかっちゃうくらいの人が山ほどいる中での競争率は上の数字とは大きく変わってくると思う。

 

無理な理由なんていくらでも出せる。

でもできる理由もいっぱい出せる。

皆が勝手に諦めてくれるんだから、僕らは正しい勉強とチャレンジをすれば絶対に成功できる。

絶対に。

 

1回目でノーミス成功なんて皆が名前を知ってるような天才でもできてないんだから、失敗しても勉強して何回でもチャレンジしよう。

 

夢の舞台へ、かけあがれっ。

(参照: メジャー)