お金や生き方のお話

天才は自分で作るもの

 

こんにちは、てふまる(@tefumaru115)です!

 

僕は大学を休学してから1年間色んなことを勉強してきました。

『才能ってなに?』『天才ってなに?』『幸せってなに?』って、1年前にはまったくわからなかったことがわかるようになってきたよ。

てふまる
てふまる
頑張って成長したよ!!

 

以前思っていたような考えからは180度変わったし、そこには希望や可能性もいっぱいあって。

皆もこれを見て、生き方や考え方をポジティブな方向に変えてくれたら嬉しいなって思うよ!

天才のイメージってなに?

みんながイメージする天才ってなんだろう?

『失敗しない』

『昔からなんでもできちゃう』

『凡人が努力しても勝てる相手じゃない』

『生まれた瞬間から自分とは違う』

こんな感じかな??

てふまる
てふまる
僕も1年前までは同じように思ってたし、実際に周りにも次元が違うとしか思えない人もいたよ。

でも上記のような特徴は全部大間違い!

 

生まれながらの天才なんていないし、失敗しない人間もいない。

なにより凡人は努力で天才を超えることができる。

なぜなら『天才』とは努力によって作られているのだから。

てふまる
てふまる
ジョブズやビルゲイツ、その他の成功者たちも失敗だらけの人生を送っているんだよ。

天才とは

そう、『天才』は努力によって作られている。

もちろん、努力ならなんでもいいわけではないよ!

中の人
中の人
プロ野球選手になるために1日15時間壁当て練習しても厳しいよね。そんな感じ。

天才の本質

1つ例をあげるね。

《 あなたはある仕事を渡されて、その仕事をなるべく早く・高いクオリティで処理しないといけない 》

このときに、ヒントや役に立ちそうな知識が3つしかない場合と100個持ち合わせている場合を比べるとどうだろう??

てふまる
てふまる
 絶対に関連する知識を100個持ってる方がいい仕事ができそうだよね!

『天才』っていうのは実はそれだけのことだったんだ。

『天才』は普段から経験や勉強によって、必要な分野において常に関連する知識をいっぱい持っている。

それを応用することで周りの人より効率よく何倍もすごい仕事をしたりするんだね。

 

ちょっと本について考えてみよう。

本って、多くの人がぶつかる問題の解決策だったり、凡人から天才に近づく考え方や習慣などを教えてくれる物だよね。

皆が問題にぶつかってる中で、『あっ、これ本で見たのと似てる!このアイデアが生かせそう!』ってするだけで周りからは天才に見えちゃうんじゃないかな??

事実、成功者や天才の多くが読書家だったりするんだよ。

てふまる
てふまる
人の数十年分の経験や研究を数時間で身につけられるんだからすごい存在だよね。
中の人
中の人
アインシュタインも異常な量の論文を読みあさったりしてたんだって!

 

『天才』は生まれつきの天性ではなく、努力でなるもの。

そして、なろうとしないと絶対になれないもの。

てふまる
てふまる
天才は誰でもなれる。皆も夢や理想があるなら頑張って天才になってほしい!

じゃあ才能やセンスはなんなの?

才能・センスとは

天才のほかに、『才能』や『センス』っていう言葉もよく耳にするね。

これも努力で勝てない絶対的なイメージがあるけど少し考えてみるよ!

まず、『天才』とは持っている無数の情報や知識から理論的に最良の方法を導き出すことだったよね。

情報っていうのは、考え方や物事の捉え方なども含むよ!

それに対して、『才能』『センス』っていうのは特に根拠や理由があるわけではないけどなんとなくわかる・やっていることなんだ。

中の人
中の人
テレビとか本ですごい記憶法!!とかやってたりするよね。高学歴者が実はそういうテクニックを無意識的に使ってたりするような感じ!
てふまる
てふまる
ノートの取り方やアウトプットの仕方で学力も大きく変わるもんね。こういうのも才能の1つなんだよ。

ここでも1つ例を出しておくね。

小中のスポーツの強豪校と弱小校の差はなんだろう??

強豪校には生まれつきのバケモノが奇跡的に揃って、弱小校には生まれつき下手なのが決まった子ばっかりが奇跡的に揃ったのかな??

違うよね。指導者の練習法や考え方や意識によって差が生まれたんだよね。

これは受動的な例だから少し違ってはくるんだけど、自分で練習の時間対効果や最終目標にピークを合わせるために年計画で練習を組んだりしているわけではないけど無意識的にそこで差が生まれているんだ。

能動的な例としては、メリットはわからないけど体が軟らかくなるようなストレッチをしていたり、意識はしていなかったけどいつもコート全体を俯瞰で見れるように広い視野を持っていたとかだね。

才能の持ち主の倒し方

次にセンスや才能の持ち主の倒し方を考えてみるよ!

センスや才能は無意識的に最良の方法を選択している人だったね。上で言うスポーツができちゃうような人。

倒すには無意識的に最良の方法を選択していたのを、理論的に考えて最良の方法を選択していけばいいだけだよね。

 

例えば、

才能の持ち主は体がものすごく軟らかいおかげで常人ではあり得ない動きが可能だとわかったから軟体トレーニングを取り入れてみる。

さらに全体を俯瞰で見ているから対応力や仲間との連携がすごいとわかったので、1点に集中するんじゃなくて全体に意識を飛ばすように見る訓練をするよ。(中学の時やったの懐かしい、、、)

てふまる
てふまる
これでもう才能の差はなくなっちゃうから、あとはさらに理論的に必要な武器を身につけていけばいいよね。
中の人
中の人
足が速くなるような体の使い方を学んだり、体が丈夫になるような食事の取り方を学んだりって感じだね。

才能やセンスは少しの正しい努力で凡人も簡単に追いつけるんだ。

勉強やチャレンジを通して様々な情報を常に得るようにして、『理論的にどうすればパフォーマンスやクオリティが上がるのか』を考えて最良の選択をしていくことが天才になる唯一の方法だと確信しているよ。

てふまる
てふまる
PDCAってやつだね。

才能がどれだけちっぽけなものなのか

才能は本当にものすごく小さい。それこそあってないようなもの。

才能がどれだけ小さいものなのか、っていう例をあげてみるね。

 

皆はポケモンやったことあるかな??

ポケモンには『個体値』って言って、同じピカチュウでも体力や攻撃力に差があるんだ。

 

ピカチュウA レベル20 個体値{体力:30 , 攻撃力:30 , 防御力:30}

ピカチュウB レベル90 個体値{体力:25 , 攻撃力:25 , 防御力:25}

のピカチュウ2匹がいたとしてどっちのピカチュウのが強いだろう??

個体値はAの方がいいけどレベルを考えると絶対Bだよね。

てふまる
てふまる
才能があってもあまり練習せずに毎日寝てポテチ食べてるだけのピカチュウより、才能があるわけではないけど毎日意味のある努力を積んでるピカチュウのが強くなるよね。

才能(個体値)っていうのは同じレベルになって初めて差になるものであって、レベルが同じじゃないとほとんど意味をなさない。

中の人
中の人
IQも同じ感じ! IQも才能の1つだけど、IQ高くて人生成功してる人はものすごく少ない。

 

次に学歴のお話。

てふまる
てふまる
 皆が才能の持ち主との実力差を感じたことのある一番のシチュエーションなんじゃないかな?

僕は一応大阪大学の学生なので高学歴の人と関わることが多いんだけれど、本当に皆普通の人と何も変わらない。

勉強(暗記)という分野において、時間とその分野で生かせる才能を使って彼らは上位数%に入った。

でも暗記から外れた途端にその才能は役に立たなくなってしまう。皆凡人になっちゃうんだ。

 

才能よりレベル上げ

ここまで見てもらったように本当に才能っていうのは小さい。

とにかく大事なのは情報と経験。 ポケモンでいうレベルだね。

最初に書いたように僕は休学してからの1年間色んな勉強をして、成功している人と直接話してもらえる機会もあったりで感じたことなんだけれど、

成功している人と普通に働いてる人は本当に全然レベル(情報量と経験量)が違う。

成功している人がレベル80だとしたら、一般の普通の人はレベル3くらい。

てふまる
てふまる
大袈裟にとかじゃなくて本当にこれくらい違う。

当然情報量もなんだけれど成功する人は視野がすごく広い

一般の社会人の方が一時的な目の前の利益を追求するのに対して、成功する人は長期的な利益・そのために何が必要か、1年以内にどこまで成長するべきかというように常に広い視野で物事を見ているように強く感じました。

(社会人でもそれくらい考えている!!と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、ここで伝えたいのはそういうことではないので悪しからず、、、)

 

まとめ

天才は誰でもなれる。

本当に。

でも天才になれるように正しい努力をいっぱいしないといけない。

とにかく最初にやることは勉強。ひたすら勉強。

本を読んだり、自分より経験を積んでいる人から話を聞いたり。

次に実践。

色んなことにチャレンジしていく上で自分の知識を使って、さらに知識を発達させて自分のものにする。

この繰り返しなんじゃないかな。

 

このループを続けるためにはアニマルスピリットのような夢を捨てないことが大事だと思う。

モチベーションは本当に大事。

 

僕は、最低条件として『30歳までに10億円溜める』

基本目標として『仕事もすきなことだけする、遊びたいときに遊んで、何億円かかってもお金を気にせずやりたいときにやりたいことをする』

を目標に毎日頑張ってるよ。

 

皆も夢を捨てずに一緒に天才になって夢を叶えよう。