『100日後にSwiftで5回稼ぐてふまる』1~5日目

 

1日目

1日目 (2020.9.1)

 

サイドバー1

サイドバーはライブラリがいっぱいあるみたいだけど、まずは自分でカスタマイズできるようになっておかないとなって思ってサイドバー初挑戦。

今回はボタンをタップしたら上(表示されているビュー)が動いて下に用意されているサイドバーが見えるっていう仕様だった!

上にサイドバーを表示させる仕様Twiiterのようにサイドバーの中身も連動して動く仕様スワイプに対応したサイドバーの実装スキルも身に付けたいなあ

 

サイドバー2

今回はボタンをタップしたらサイドメニューが上に出てくるタイプの仕様!

やってることは似たようなことだけど、『UIViewControllerAnimatedTransitioning』を使ったアニメーションに初めて触れたからこの先役に立てばいいなあ

 

Uberクローン (新規)

進捗 30% → 36%

Uberはマップ関連の新しいコードが多すぎて全然勧めれなかった、、、

悔しい。

 

振り返り

「 サイドバー1」は自分で実装できるようになって満足!

「 サイドバー2」は別の書き方なら自力で実装できるけど、初めて見る書き方が多くて慣れておきたいからあと2.3周はしておかないとだ。

Uberあと12時間ちょっと分あるけど、あと2、3日で終わらせないと後々絶対大変になるなあ。

チャットアプリとインスタクローンも手をつけたいから急ぎ足で頑張る!!

あと、ちょいちょいクラウドワークス見て身に付けておきたいスキル探しする習慣もつけた方がいいのかなって思う!

 

2日目

2日目 (2020.9.2)

 

Uberクローン (新規)

進捗 36% → 50%

やっとmapの扱いに割と慣れてきた感は強い!

マップに立てているピンが綺麗に収まるようにズームするカスタマイズメソッドも作れたし、着実にレベルアップしていっているのは実感できてる。

作りたいオリジナルアプリでmapを扱いたい部分が多々あるから、ここでしっかり身に付けて行かねば!

 

振り返り

流石にハードすぎたからあと2日で確実に無理なく終わらせたい。

正直初めてが色々と多すぎて頭が整理し切れてなかったり結構きつい部分が多い

でもTwitterのクローンアプリを初めて作った時も同じような感じだったけど、2.3週間後くらいには別のこと考えながらでも自分の力で全部構築できるようになったから、しっかりやり切ったら自分のものになるはず!!

しっかり終わらせて、早く多機能チャットアプリの着手に入るんだ!

頑張るぞっ

 

3日目

3日目 (2020.9.3)

 

Uberクローン (新規)

進捗 50% → 68%

マップの扱いも初めてだらけでものすごく大変すぎるけど、今回Uberクローンで一番新しい学びが1つの画面でドライバーと乗客の操作を完全に分けるスキル

UI面でのパーツのあるなしだけの違いじゃなくて機能まで完全に分けてることができて、これマスターするだけで今後作れるアプリの幅がめちゃめちゃ広がる気しかしない!!

 

振り返り

マップ関連が本当に難しくて思った最初思ってた半分くらいの速さでしか進めれない、、、

でも速さより確実に終わらせてスキルを身に着けることが大事。

3周くらい復習してやっと慣れてくるくらいのレベルかなって思ってるんだけど、逆にその分今回のUberクローンのスキルを身に付けれれば周りのライバルと圧倒的な差を付けれると思うし、何より自分で作れるオリジナルアプリの幅が広がるはず!

頑張るぞおおおおおおおおおおおおおお

 

4日目

4日目 (2020.9.4)

 

Uberクローン (新規)

進捗 68% → 83%

やっと終盤まで進めれた!

まだ17%残ってるけどマップ周りの記述は95%終わった感じ。今までで一番大変だった。。。

やっぱりアプリの規模だったり機能が大きくなっていくとコードも複雑で見にくくなっていくんだけれどその状況でどれだけコードをシンプルにかけるか・どれだけ見やすくできるかっていうスキルって頭の中のアプリ像を実現させる実装スキルと同じくらい大切だと感じるの。

これまでTwitter, Tinder, Uberってクローンアプリを作ってきたけれど、コードの可読性とシンプルさを1番左右するのが『enum』の使い方だなって本当に感じる!!

Uberって今までで1番enumを駆使していて、この使い方は絶対盗んで身に付けたい!

 

振り返り

明日Uber終わらせる!!!!!!!!!!!!!!

やるのみ!!!!!!!!!!

 

5日目

5日目 (2020.9.5)

 

Uberクローン (新規)

進捗 83% → 100%

終わりました!!!!

キーワードでの検索、

その候補地の緯度経度を割り出してピンを刺してルートを表示させたり、

その際にほどよくズームさせた(カスタマイズ可能)

よく使うお気に入りの場所の名前(家や仕事場)をデータベースに保存して、

そこをクリックすると自動で緯度経度に変換してまたルート表示したり。

目的地の半径○メートル内にドライバーが入るとボタンの表示を変えて乗客に自動でメッセージを送ったり。

てんこ盛りでした。

機能が充実しすぎて成長しか感じないです!

ひとまずUberクローン最後まで頑張れてよかった!

 

振り返り

Uberは今までチャレンジしたアプリの中で断トツ1番難しかったししんどかった。。。

とにかく大変すぎた!

マップ以外の部分でも新しい学びがたくさんだったのに、マップの機能をすごく網羅して使ってくれていて、中盤から頭がパンクしそうだった。笑

でもその分今までで1番成長を感じてます!

ここで終わりじゃなくて、ここから復習して目瞑っても自由自在に操れるように身に付けないとですね。

 

またUberクローンに関しては別で記事書いておきます!